自分たちに合った
結婚式場の選び方

費用の確認と比較

結婚式にかかるお金

結婚にはお金が掛かります。
もちろん、籍だけ入れるという方法もあります。
しかし結婚は二人だけの問題ではなく、家族に取っても一大イベントです。
それに今までお世話になった人達や、見守ってくれた友人達などを結婚式へ招待する事もとても大切な事です。

結婚にかかるお金の内訳は、婚約、結婚式、ハネムーン、新居の4つに分かれます。
ハネムーンや婚約、新居に特にお金を掛けないという人も多いですが、結婚式を行なう際には一定の費用が掛かります。
結婚式場の代金はもちろんの事、料理や飲物、ウエディングドレスや白無垢といった衣装代、それに別撮りのスタジオ写真や引き出物など、様々な部分で費用が発生します。
結婚式場で掛かる費用としては、大体が300万前後だと言われています。
最近では、家族だけで式を行なうアットホームな式なども多く、プランも様々なものがあるので、費用については一概には言えない部分が大きいです。

費用は一気にまとまった金額を支払うのではなく、何度かのタイミングに合わせて必要となってきます。
例えば、結婚が決まった時期には、婚約指輪や結納をする際に費用がかかります。
次に結婚式場が決まった場合に内金や予約金が必要な場合があります。
準備期間には結婚式場やブライダル会社と引き出物や料理の内容などを決め、最終の金額を結婚式場へ支払います。
結婚式場やブライダル会社の中には、式後に支払いOKな所もあります。
結婚のお祝い金などを貰った式後の方が支払いやすいという事で、人気があります。
このように、結婚にはいくつかのタイミングによって支払いが発生します。